優の記録

もうすぐ三十路、何か少し面白いことをしたいと思ったのです。

カモカモカモカモ

世界一周しなくたって 世界中を旅しなくたって 豊かな人生は送れるのかもしれない 一日に 一度に できることは少しだから 大事なのは日々少しずつ 積み重ねることかもしれない これを負け犬の遠吠えと 言うのかもしれない グエッ!

どんっどどんどん

外から聞こえる どんどんいう音 工事かな 建築現場かな 和太鼓の練習ってことに しておきたい

むむむむ

今の生活や今の考え方を 変えない方が楽だもんな 変わるって大変だな ほにゃー 困った困った言うてみる

あ 戻ってきた

私が 私に ちょっとー遅いよー 次から早くしてよね

レンラク

コウ シチコクヤマ 「七国山病院?!」 連絡 連絡 家族に彼に 元同僚に ネットで出会った人たちに 口下手だけど 文字ならなんとか書ける 丁寧に 丁寧に 友だちはとても少ないけど 大事にできる範囲でいいか

北海道で積雪?!

雪?!雪なの?! キター!!うひゃー 雪好き雪好き 愛媛も早く降らないかな

メモ帳から その5

過去や未来のことを考えすぎず 今に集中だよ

メモ帳から その4

先週をふまえて 今週以降は もっと余力を残して 行動できるようになろう

メモ帳から その3

◯◯さんの様に 周りに不満を伝えず 自分がなんとかする ではダメなんだ

つけ忘れたり

雰囲気を 壊すのが嫌なら パンツがコンドームに なってりゃいいよ

メモ帳から その2

今はこれ以上 する(したい)ことを 増やさなくていい 充分忙しい 今できることを きちんとするだけでいい

メモ帳から その1

自分を癒す 労わる方法は いくら持っていても 持ちすぎということはないと思う

ラップでゴー

こんな繊細なミーに 職場恋愛で告白するなんて やめておくれヨー ほぼ毎日顔を合わせるたび 気を遣ってたら疲れて ほとんど嫌いになってるヨー 今度話しかけてきても 申し訳ないがシカトさせてもらうヨー オーマイベイベー サンキューチェケラー

お洗濯大作戦

台風の影響で 午後の早いうちから雨ね オーケー わかったわ だけど 攻めることにする 今日もお外に干すわ 空の様子を 見張っておくわ は!なんですって! 近所の奥さんが お布団を干し始めたわ! 上には上がいるのね 先輩たちには まだまだ勝てないわ

良い刺激なのかな

東京にいると どうしても 周りの人の流れや 決まったやり方があるから 自分のこだわりが 貫けないときが多いけど そうすると 日常に帰ってきたとき 少しだけ フレキシブルに なれていたりもする

私には

弱いところがある どうすれば もっと強くなれるだろう 弱さを 受け入れられないところが 弱さなのか

プチ謝罪

人間が 自分たちの 暮らしやすさばかり 求めるから 他の生き物が 暮らしづらく なっている かもしれない 偉そうな 顔して歩いて ごめんなさい 人間だけの 世界じゃないのに

過呼吸になると

自分の輪郭が 薄く薄くなって 消えてしまうような 感じがする 私には 大事な人たちがいると わかっていても 誰とも繋がっていないような 何とも繋がっていないような 地球でも 宇宙でも この空間の中で ひとりぼっちに なってしまったような 私というものの…

ハートがマッチョ

東京の人たちは 皆たくましいな 田舎の私の のんびりしたところが よくわかる どちらがいいと いうことはないけど すごいなあと つくづく思う

無題

ありがとう東京 さようなら東京 嫌いじゃあない いい思い出も 変な思い出も たくさんできた また会いましょう また会いましょう

東京

何よりも 大事なものは 日常だ だけど旅行は キラキラしていて よく見ていると 日常の私を 良い方に変える 発見がある

目に見えない

ホルモンに あやつられ 不安定になるのが 恥ずかしい 男だったらよかった なんて考えずに 仕方ないって 早く開き直れるようになりたい

なぜなんだぜ

錠剤を プチプチ押して 取り出してると なぜか奥歯に 力が入って 不快なので 大きく口を開けて やってみたところ 実家の犬以上の 立派なよだれが垂れて 一人だったけど 恥ずかしかった

わかった

こんなに世間に 適合できない私なんて 生きてる意味無いって 思ってたんだ 今になって ようやくわかった 自殺したいと 思っていた動機がはっきりと わかるって 気づくって きっといいことだ

ベッドの下は

私の食料庫 物をたくさん持つのは 好きじゃないけど 災害への備えについて 少し学んだから 買い置きを循環させ 災害から3日間 食べ物に困らないように 気をつけている

15年ぶりに

自発的に アイスを買った ガリガリ君 九州みかん味 半額だった 近所のスーパーの帰り 食べながら歩いた 最高気温28度の まだ我慢できる暑さ 中学生以来のことで 懐かしい気持ちになった なんだか美味しかった

自分が嫌いに

なりそうなときもある だけど 嫌いになっても いいことは一つもない だから 改善点を考えたら 次から気をつけようって 早く気持ちを切り替えて 今できることをする

できることは

そんなに観たくもない 海外ドラマの続きを観ることだけ なんとかして きちんと 一日を終わらせることだけ 大丈夫よ 大丈夫よ たまにはいいのよ

一人になると

涙が出る ちゃんと 仕事はするし 家事もするし 日常は壊さないけど 誰にも見られなくなると 涙が出る 太陽が もう出てこなきゃいいのに

可愛いなんて

やめてやる あいつもあいつも あいつもあいつも 死ねばいい たまにはいい 正常な反応だ