優の記録

もうすぐ三十路、何か少し面白いことをしたいと思ったのです。

目に見えない

ホルモンに あやつられ 不安定になるのが 恥ずかしい 男だったらよかった なんて考えずに 仕方ないって 早く開き直れるようになりたい

なぜなんだぜ

錠剤を プチプチ押して 取り出してると なぜか奥歯に 力が入って 不快なので 大きく口を開けて やってみたところ 実家の犬以上の 立派なよだれが垂れて 一人だったけど 恥ずかしかった

わかった

こんなに世間に 適合できない私なんて 生きてる意味無いって 思ってたんだ 今になって ようやくわかった 自殺したいと 思っていた動機がはっきりと わかるって 気づくって きっといいことだ

ベッドの下は

私の食料庫 物をたくさん持つのは 好きじゃないけど 災害への備えについて 少し学んだから 買い置きを循環させ 災害から3日間 食べ物に困らないように 気をつけている

15年ぶりに

自発的に アイスを買った ガリガリ君 九州みかん味 半額だった 近所のスーパーの帰り 食べながら歩いた 最高気温28度の まだ我慢できる暑さ 中学生以来のことで 懐かしい気持ちになった なんだか美味しかった

自分が嫌いに

なりそうなときもある だけど 嫌いになっても いいことは一つもない だから 改善点を考えたら 次から気をつけようって 早く気持ちを切り替えて 今できることをする

できることは

そんなに観たくもない 海外ドラマの続きを観ることだけ なんとかして きちんと 一日を終わらせることだけ 大丈夫よ 大丈夫よ たまにはいいのよ

一人になると

涙が出る ちゃんと 仕事はするし 家事もするし 日常は壊さないけど 誰にも見られなくなると 涙が出る 太陽が もう出てこなきゃいいのに

可愛いなんて

やめてやる あいつもあいつも あいつもあいつも 死ねばいい たまにはいい 正常な反応だ

たまには

天国から地獄に 落ちたみたいな気分がする 上手く生きられない 世界が憎い たまにはいい 正常な反応だ

きれいなバラには

可愛くいてあげるから わがままの一つや二つ 聞いてもらってもいいと思うの

臭くてごめん

うんちも おしっこも 言葉も 考えも 出さなきゃ入らない 腐っちゃうわよ

子猫

体から溢れる 命の輝きがまぶしい ぷるんぷるん 食う寝る遊ぶ 何をするのも一生懸命 そういう私の体から 少しずつ失われ始めたものも 忘れずにいたい

あの頃は

同世代の女の子が 楽しいと思うことが 楽しいと思えず 戸惑って怖くて 悲しくて不安で そんな自分が嫌いだった そんな私でもいいんだと 誰か言って欲しかったな まあ仕方ない 今は自分が好きで 毎日楽しいからそれでいいや

逆に

最近 元気に動けるようになって 逆に 休むのが少し 下手になってるかも いや〜ん注意注意 病気なんてもう まっぴらごめんだぜ ゆとりから 何か 素敵なものがうまれるって 気づき始めている

うつ病は

体が 考え方や生き方を変えて欲しいと 言っているサインなんだと思う

最近わかったこと

どんなに完璧だと思う人にも 欠点があるということ

そよ風に誘われて

実家の子猫を 昨日4時間程預かった 今日は部屋にいると 可愛いうんちのにおいが ゴミ箱から時折 ふわぁ〜っとやってくるな

騙されたと思って

布団に入り眠りにつく 1、2時間前風呂に入ると 体温が下がり寝つきやすい と聞いたが信じてなかった 本当だったぞ ここ1、2年で実感してる

買い出し買い物は

買ってきたものを あるべき場所へ しまうところまでが 1セットだな

その人らしさが

現れるのは 何かを買うとき ではなくて 何を買わないか なのかな

大丈夫よ

失敗したら 学べるから

お金を使えば

そりゃあ 楽しいことが すぐ手に入るさ 最近少し お金を使い過ぎてる気がする お金をなるべく使わず あるもので 楽しむ工夫をしたい そこに 人と違う面白さが 出せるといいかな

お昼のくふう

今までは お昼にコンビニで 150円程度のパンと 100円程度の野菜ジュースを 買っていたけれど パンの代わりに 実家からタダでもらう お米で作ったおにぎりを 野菜ジュースの代わりに 20袋入り300円の 青汁に変えてみた これで毎日今までより 単純に考えても 2…

日常を忘れて

楽しんだ 買い出しのことも 植物の世話も 下手したら彼のことも とてもいい時間だった さて 少しずつ元に戻していくか

二度寝を

するにしても 洗濯物を干してから 月曜の私が 困るといけないから

にゃん白宣言

おまえのぺっとに なってやるまえに いっておきたい ことがある おれよりさきに しんではいけない ほにゃららほにゃほ ほほほにゃほらほ

窓辺にて

スマホもパソコンも 手帳もメモ帳も ペンも本も 必要なものは何でも 窓辺に持ってきて作業する 面倒な作業も 風や光にあたりながらだと 少し楽しくなる 紅茶があればなお良し 日焼け止めを忘れずに

ノンカフェイン

夕方以降も 紅茶が飲めるなんて なんて最高なの! ありがとう!誰か

女性の

歴史や文化やなんやかんや 女性について 書かれたものを読むことは 必要ないと思っていた そんなことは する価値のないことだと思っていた 私は女性でありながら 知らないうちに女性を 男性より劣るものだと思っていたのだ 怖ろしい こうして読んでみると 自…

ガルル・・・

いつもいいこで いたいのに 生理前は 性格が特に悪くなる わかってもらえないのは わかってるるる 辛いなあ どうしたもんかな

キャメラの

カメラのキタムラに行った スマホからプリントするため 店頭の端末を使おうとすると キャイキャイ楽しそうに タッチパネルを操作する カップル2組と 離れたところに おばあちゃん1人だったから あえて カップルに挟まれる端末を選んだ なぜなのか 自分でも…

20円

薬局に行くとき お薬手帳を忘れると取られる 普段から 10円単位で 節約しているのに こんなところで 取られてたまるか! 燃えるぜ

バスタオルから

実家の犬のにおいがした なんで しかも しばらくお風呂に入れてないとき 雨やなんかで濡れたときのにおい くさいくさい言いながら 普通に使ったけど

『生理用品の社会史』

今週末のお楽しみ 変態ではない 純粋な興味からである 女の子を産んだら 太古の女性たちが どう戦ってきたのか 語り聞かせてやるのだ そうだ 男の子でも聞かせてやろう 『生理用品の社会史』 著者:田中ひかる 出版:ミネルヴァ書房 初版:2013年8月25日 ISB…

友達は欲しい

特に同世代の同性の友達が いる方がいいとは聞くけど 私にとっては昔から難しい 子供の頃からずっとそうだ これは発達障害の症状かな 無理はよくない できることをしよう 大好きな家族と 大好きな彼を 今は一生懸命大事にしよう

アイロンがけ

できることが 増えてきたけど アイロンがけが まとめて週1回でも できるようになると もっと素敵に なれる気がする できるときに やってみよう 特に今日なんて 予定していたことが早く終わって ちょうどいいんじゃない

チェコ語

遠い夢を 追いかけるのはいいけど 目の前の小さな日常を 大事にしないと 何かが良くない気がする やりたいことが たくさんあるのは 悪いことじゃないけど 自分のキャパを 超えない程度に 絞り込むべきで そこに個性が現れたり 面白さがあると思う 難しいこと…

ジョジョジョ

『ジョジョの奇妙な物語』 作者の荒木飛呂彦さんは とても忘れやすい人なんだそうな だけど 忘れるからこそ 新しいものを どんどん生み出せるんだと言っている 私も忘れやすい方だが それには同感で 忘れるからこそ 新鮮な感覚でいられたりする 覚えていたい…

貧乏気味

お金があり過ぎないことで 何を買うべきか よく考えるから 自分に必要なものが わかるようになったと思う 一長一短 失うものもあれば 得るものもあるんだ

スクラブ

週に1回体のスクラブを 休みの日の前に 週に2回肌のスクラブをする スクラブし始めて初めて くすみがあったことに気づいた スクラブは しなくてもいい 必要ではないことだけど 肌が綺麗だと 気持ちがいいよ

若い頃は

飛躍したいなんて 思ったりもしたけど 今は 毎日をきちんと過ごせれば いいかなと思う

フレンチトースト

食べたいって言ってたの 覚えててくれたの? 嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい 嬉しい嬉しい嬉しい嬉しい どうしよう 頭から花が咲きそう ありがとう!

できることを

していたら できなかったことが できるようになるって 知ってる けど たまに忘れる まあいいや 考え過ぎず とりあえず動いてみよう

わからないことは

考えすぎないこと 上手に諦めること 原因がわかったところで 解決しないものも多い 哲学者もわからなかったこと 私もわからなくて当たり前ね できることをしよう

体にいい方と

見栄えがいい方を 選べと言われたら 体にいい方を選ぶと思う オシャレじゃあないよな だけど 健康なことが 一番美しいと思うから 仕方ないや にょほほのほ

め組の!芽!

暖かくなって 部屋の植物たちが どんどん新芽を出している 植物は どんなときにも迷わず悩まず いつも一生懸命 成長することだけを考えてる 素敵だな 可愛いな

勉強なんて

できなくてもいい 子どもには 自立する方法を 教えてあげないといけないんだ それだけは忘れないように

GW

日常に戻れる程度に ハメをはずそう ホームパーティー 楽しかったな 大好きな人同士が 仲良くしてると 嬉しくなるのね

オフライン

私だけの時間 贅沢なこと 誰も邪魔しないで ケータイが普及するまでは 当たり前だったんだよな 何かを得ると何かを失うのね