読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優の記録

もうすぐ三十路、何か少し面白いことをしたいと思ったのです。

ポトスの剪定

まだ冬だけど 君なら大丈夫 ちょきちょき ちょきちょき

動物園デートの中止

今週は このために頑張ってきたのに 体調不良なら仕方ないけど しょんぼり さて 切り替えよう 今日は何をするかな 楽しくしよう

あなたの自転車は

軽そうねえ 駐輪場で 隣に停めてたおばちゃんが 話しかけてきた そうなんですと 返事した 自慢の自転車なんだもの

おさがりに憧れて

弟たちが 子どもの頃使っていた クマの柄のじゅうたんを 大事にしまっておき 今年の冬に 敷きました

地球と家計の敵

書き物机の下の 電気あんかを消し忘れ ほぼ2日間も稼働させていた ちくしょう しょんぼり まあいっか

指をポキポキ鳴らす癖

気づけば 小学校低学年のときから やめようと思っても 誰にやめろと言われても なかなかやめられなかった 茶道教室で 手の美しさをほめられ やめたいと思えた

ハンギング

茎を 2メートルまで伸ばしたポトスを ハンギングしたら 天空の城ラピュタになった とっても可愛い もっと好きになった

女性らしく振舞う

スカートをはいたり ストールを肩に巻いたり そうすると 彼の私の扱いが 優しくなる気がするのだ

冬が去ろうとしている

私にとって冬は 心が温かい季節だから 行かないでほしい 春の夜なんて 一番怪しい時間だ

脚が引き締まった

かもしれない 冷えとりと クロスバイクのおかげ かもしれない

帰る場所

私には 帰る場所がある 半ベソで帰ると 笑ってくれる人がいる ありがたいことだ

初めての茶道教室

終始緊張していた お稽古代を 払い忘れて帰ってしまった 成長していない 子供のときのままだ だけど次は大丈夫 そう思う たぶん少し疲れているだけ 今夜よく寝たら すっかり元気になって 今日よりちょっと 何かがよくなってる

よく晴れた日曜の午後に

2時間昼寝した 贅沢なことだ 少し不良になったような 気持ちもする

カシミアのセーター

淡く優しい色と 手触りが気に入って 10年着たが 隠しようのないところを 虫に食われてしまい 今年の冬から 部屋着になっている 贅沢している

春が来ている

寝汗で起きた 目がむずむずする 鼻水が出る 体が熱っぽい 風邪ではない 花粉症である