優の記録

もうすぐ三十路、何か少し面白いことをしたいと思ったのです。

東京

何よりも

大事なものは

日常だ

だけど旅行は

キラキラしていて

よく見ていると

日常の私を

良い方に変える

発見がある

目に見えない

ホルモンに

あやつられ

不安定になるのが

恥ずかしい

男だったらよかった

なんて考えずに

仕方ないって

早く開き直れるようになりたい

なぜなんだぜ

錠剤を

プチプチ押して

取り出してると

なぜか奥歯に

力が入って

不快なので

大きく口を開けて

やってみたところ

実家の犬以上の

立派なよだれが垂れて

一人だったけど

恥ずかしかった

わかった

こんなに世間に

適合できない私なんて

生きてる意味無いって

思ってたんだ

今になって

ようやくわかった

自殺したいと

思っていた動機がはっきりと

わかるって

気づくって

きっといいことだ

ベッドの下は

私の食料庫

物をたくさん持つのは

好きじゃないけど

災害への備えについて

少し学んだから

買い置きを循環させ

災害から3日間

食べ物に困らないように

気をつけている

15年ぶりに

自発的に

アイスを買った

ガリガリ君

九州みかん味

半額だった

近所のスーパーの帰り

食べながら歩いた

最高気温28度の

まだ我慢できる暑さ

中学生以来のことで

懐かしい気持ちになった

なんだか美味しかった

自分が嫌いに

なりそうなときもある

だけど

嫌いになっても

いいことは一つもない

だから

改善点を考えたら

次から気をつけようって

早く気持ちを切り替えて

今できることをする